自閉症の育児方法

メンタルダウンの理由がわかった気がする

こんにちは、ぴょんです。

 

ここ、関東は寒い日が続いています。

 

太陽が弱まる冬というのは、冬季うつ病にもなりやすく、皆さん気持ちがふさぎがちになりますよね。

 

さて。

 

私の姉が、最近、いきなり重度のうつ病になりまして。

とても大変そうです。

 

姉は子どももおらず、気ままに夫婦2人で暮らしています。

そして、わたしから見た姉は、身内をこんな風にいうのはアレですけど

 

とても社交的で華やかです。

有名なデパートのアパレルの正社員をずっとやっていました。

 

洋服の店員さんって、そのお店の新作とか買わないといけないのでお金がかかるみたいですね。

お高めの服なので、数万円する服を社内割引で買っていたようです。

 

そんなお話をきくと、研究職で陰キャ全開の職場で働いていた私にしたら

 

「キラキラしている世界」なんですね(笑)

でも、本人としては「足りない」と思っていたみたいなんです・・・

 

お金こそ正義!!

お金持っている人は偉くて、勝ち組で、貧乏=惨め

 

そんなの絶対ヤダ!!

 

で、前も書いたように「母が生活保護」になったので「私(の家系)は貧乏で不幸なんだ・・・恥ずかしい、惨めだ・・・。」ってなって(?)

 

病んでしまったみたいです。

 

真相は本人に聞かなきゃわかりませんけど、そんな感じです。

 

 

ここで思うのは、有名デパートで働いていて。

(今は違うけど)

 

貯金も数百万円ある。

 

子どもはいなくて、夫婦で自由に暮らしている。

 

客観的に見たら、たくさんのものを持っていると思うんですよ。

自閉症のお子さんを育てている親からしたら、羨ましいと思う人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

私が何がいいたいかっていうと、定型発達で子どもがいなくて、お金を持っているからといって、幸せになるわけではないということです。

 

 

貯金が数百万ある。

でも「こんなのやだ”!!もっと上の生活がいい!!」と思えば、いくらでも不幸な気がしてきて病んでしまうのです、

 

つまり、「欠乏感と足りない」という気持ちが、メンタルダウンの理由の1つではないのかな?と思うんですね。

 

3000万あって、子どもいなくても「私には足りない!!子供がいない!!負け組だ!」って思えば、今すぐに不幸です。

 

つまり、お金や環境・子供って自分の幸福にはまるで関係ないんですね。

 

 

だって現状を「これじゃいやだ」って思えば、どんなに恵まれていても、地の底に落ちることができるんですもん。

 

 

私は、改めてそう思いました。

だから、障害のある子どもを育てても幸せになれると確信しました。

 

あるものを見つけていけばいいだけですので。

あるものがない人なんていません。

 

「綺麗な景色を見れる目。」

 

「耳もちゃんと聞こえる」

 

「路上で寝なくても済む、爆弾落ちてこないで安心できる住処(すみか)」

 

 

こういう1つ1つのことを数えると、数千万円くらいの資産価値をすでに私は持っているのです。

 

だってそうでしょ?

 

目が見えなくて、歩けない人からみたら

 

目が見えるようになるために1億円出してもいい!!って思うかもしれない、

 

そう思ったら、命、

 

こうして歩けて際立った病気もない、しゃべって食べれて歩けて笑い合えることが、数億円の価値がある=私は豊かだ(=お金持ちだ)

 

って思えてきて、本当に幸福感が高まってくるのです。

 

現実を作っているのは「感じ方」なんです。

ですから、感じ方を変えるしかないんです。

それには「幸せの定義を変える」のが一番ですね。

 

人は失ってから気づきます。

ですので、命や家があること、ご飯が食べられること、子どもに身体の病気がないこと

 

(白血病の小児病棟などをみれば、自分の子がいかに幸せかわかります)

ずっと胃からチューブで「食べ物の味を味わったことがなくて」

 

口で食べ物を食べてみたいのが夢というお子さんだっています。

そう思うと、すでに多くの恩恵を私達は存在しているだけで備えているんです。

 

いま、病気でないってだけで数千万円の資産価値があります。

それを感じるだけで、幸福度って爆上がりします。

 

試してみてくださいね。

感じ方変えるって、すぐには無理ですけど、毎日、日記を書くといいです。

感謝ノートの記事はこちらに詳しく書いているのでよかったらごらんください。👇

「食べものがあって美味しかった」とか・・・そういう小さな感謝の積み重ねです。

 

感謝は最初は「心がはいってなくても」いいです。

嘘でいいんです。

感謝って「あるもの」にしかできないんです、「

 

「これもない、あれもない!!これもできない!!あれもできない」って思っていると感謝できません。

なので、無理やり、持っているものを探してノートに書く←感謝する、感じる。

 

 

そのうち、本当にそれが幸せ~♡ってなりますので。

私は「感謝を探すぞ!!」ってやってもうまくできないので

 

じわじわゆっくりと続けて、途中で闇落ちしたりしつつ1年くらいかかりましたけど・・・(笑)

 

いま、不幸だって思ってる人は、試してみてください。

 

【追記&考察】もしかしたら、見えないものを大事にできなくなると病むのかもしれませんね。

見えない健康って当たり前のことですが、それを「は?健康なのって当たり前だし!!資産価値っていったって、実際にはお金ないじゃん!!つまり幸せって思えば幸せになれる。そんなの精神論じゃん!!(怒)」みたいな。(笑)

 

ですから、それは「それに価値を感じていない人の視点」だから、そうなるわけで。

ゲームやっている人・すいかが好きな人は、それに価値を感じるのは事実じゃないですか?

だから幸せの基準を変えればいいだけなんですよ。

 

だって、ハードル下げれば今すぐに自分は満たされるのですから、

満たされてはじめて、もうちょっとハードルあげようかな~ってなりますし。

 

 

 

ランキング参加していますヽ(^。^)ノ

  • この記事を書いた人

ぴょん

はじめまして。ぴょんです。 中2自閉症男の子の母親。 支援や療育の記事だけを別のブログに引っ越しました。 サイトはこちら 発達障害の療育の勉強をしながら、自閉症の親として成長していく体験レビュー型ブログを目指しています。 そのほか、自閉症やADHDの子育てで気づいたことの情報発信もしています。 よろしくお願いします。

-自閉症の育児方法

error: Content is protected !!