幼児期(2~6歳)

幼児期(2~6歳)

自閉症の息子は怒られても笑う子だった【絵で具体的に教えよう】

自閉症の子供は怒られても怒られていることが理解できないようでした。困っていることがあってもニヤニヤしたり・・これは自閉症の非言語コミュニケーションを読み取る力が弱いことが原因だと知りました。改善には①絵で具体的に表情の意味を伝える②具体的に絵カードで目に見えない意味を教えていくという方法があります。詳しくは当ブログの記事をごらんください。
幼児期(2~6歳)

逆さバイバイは自閉症の可能性が高いって本当?【息子の小さい頃は気にしてませんでした】

自閉症では逆さバイバイが出るといいます、これは脳の運動神経機構であるミラーニューロンの働きが自閉症では低活性化しているという仮説が関連しています。重度では出やすいのかわかりませんが、息子は高機能自閉症ですが逆さばいばいが出ていました。そもそも自閉症では模倣をしないという特徴があります、模倣もミラーニューロンの働きです。詳しくは当ブログの記事をごらんください。
幼児期(2~6歳)

【私の育て方が悪いの?】~発達障害のわが子が診断されるまでの苦悩~

【育児体験記】発達障害の診断がなかなかつかない毎日。私が親としての育て方が下手だからわが子は荒れているのだろうか?それとも・・・どこへいっても「自閉症ではない」と否定されてきて自分の親としての自信がどんどんなくなって出口が見つからない体験談をまとめた話です。詳しくは当ブログの記事をごらんください。
幼児期(2~6歳)

自閉症は顔つきでわかりません【見るべき4つの行動】

自閉症は顔付きではわかりません。ですが見ることでわかる行動の特徴をまとめました。必ずしも出るということではありませんが、よく見られる行動です。4つを知りたい!という方はぜひ当ブログの記事をごらんください。
幼児期(2~6歳)

2歳から6歳までは自閉症の特徴が強く表れ始める時期です【徹底解説】

幼児期にあらわれる自閉症の特徴をまとめています。後追いをしない、一方的な人へのかかわり方、くるくる回る、オウム返し、物を並べる、感情が把握できない、急な変更にパニックになる・・・詳しくは記事をご覧ください。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました