自閉症の育児方法

ごめんなさいが言えない息子について思うこと

2022年6月29日

ぴょん
こんにちは、ぴょんです。

 

今日は日記形式です。

 

2022年夏、関東は異例の速さで梅雨明けしたようですね。

 

私はテレビを一切みないので知りませんでした。

それはさておき。

 

他の方の自閉症の子育てブログを読んでて思ったことがあります。

 

 

ぴょん
それは、自閉症の子が謝れるということ・・・。

 

しかもパニックやかんしゃく、あるいは母親から怒られたりした件について、自閉症の子が「さっきはごめんね。ごめんなさい」と言っている場面の記事を何度も目にしました。

 

1人ではなくて、色々な人のブログでもやっぱり親が怒ったあとに、「ごめんなさい」と自閉の子みずからが謝れているといことです。

私は驚きました。

 

うちの息子は謝ったことはありません。

 

謝るってことは、その子は少なくても「自分は悪いことをしてしまった」または「お母さんが起こっている」と気づいてはいるということですよね?

 

そもそも私の気持ちについて謝る必要はないのです、それですとなんといいましょうか、「怒っている人に謝る必要って必ずしも私はないと思っている」わけです。

ただ、心配なのは、「公的に自分の非を認めて謝る」というスキルは大切だと思うのです。

 

明らかに誰がみてもしてはいけないことってあるじゃないですか。

 

  • 公的な場所で騒いで何か破損した
  • お友達を殴った・けがさせた
  • 法律や拘束などを破る
  • お店に怒られた

 

こういうのです。

心理的に相手が怒るのって人の個人差が多いので、謝る必要がそんなにないんですよね。

だって怒ることって基本的には相手の問題だからです。

 

だから、もし私の何かが原因で怒ったとしたら「不快にさせて申し訳ございません」と一応は謝る姿勢をみせます、マナーだからです。

 

でも、本音を言いますと「相手が怒ったら(あるいは泣いたら)加害者」になるってわけでもないでしょう。

 

怒ったもん勝ち、泣いたもん勝ちっていうのってあると思うんですよ。

「私、こんなに傷つきました!!」みたいな。

 

このような心における「謝罪」って基本的に「だから怒るのはあなたの自由ですよね」って私は思ってしまうので、本当に悪いことだとは思っていません。

 

相手が怒ったり泣いたからといって、本当に自分が悪いことをしたのか?というとまた別の問題でしょう、フラットに見ないといけませんのでね。

 

ですから、「ママが怒ったのに謝ってこない!!」というのは私の中ではありえないことですね。

 

そんなのは謝るべき事項ですらないのです。

 

だって例えば、何かにつけてすぐに怒るモラハラ男子が「オレを怒らせたから謝るべきだ!!」というのは、「そんなので怒ることなの?ってなる人もいるwけでしょう。

ですから、メンヘラ女子にも言えることですが「私、傷ついてるんです!!」と泣いている女性に謝る必要はないわけですよ。

 

私の「謝らなければならない定義」はですね。

  • 怒らせた・泣かせた→「謝る必要はないけれど理解したらマナー的に謝るかも」
  • 法的行為を逸脱すること→「謝る」
  • 相手に心理的でない物質的な損害を与えたとき→「謝る」
    (時間・金銭的損害・信頼感や信用を損ねる・自尊心を気づつける・社会的信用を貶める行為・身の危険にさらす行為・けがを負わせるなど)

 

 

書いてみたら、自分でも思ったほど深層では「謝ることの定義」が狭い・・・。

 

そもそもですから、相手が怒ることは相手のとらえ方なので、本来は責任はないです。

 

ですから、文句を言って形としてでも謝ってくれた人というのは、もうめちゃくちゃいい人なわけです。

まあ。普通ですけどね。

 

皆さんの子供は「お母さんが怒っているのを見たり、あるいはしてはいけないこと」を自閉症の子ども自身が自覚して「あとから謝りにくる」というのを知って、

 

私は不安になったのです。

 

うまく言えないのですが「これってできなきゃいけないことなのかもしれない・うちの子はできていない。今までできてなくても気にしなかったけど」みたいな。

 

待ってくださいね。

これはわりと混乱しますね。

 

「他人の子ができていることを見て」「不安になった」わけです。

 

でも、自分の中では「謝なければならない場面や定義」はしっかりとあります。

 

では、このもやもやはいったい・・・・?

 

追記:続きは以下の記事を参照ください。

「怒られても謝らない息子」をABA(応用行動分析学)で考えた結果

 

ランキング参加していますヽ(^。^)ノ

  • この記事を書いた人

ぴょん

はじめまして。ぴょんです。 中2自閉症男の子の母親。 支援や療育の記事だけを別のブログに引っ越しました。 サイトはこちら 発達障害の療育の勉強をしながら、自閉症の親として成長していく体験レビュー型ブログを目指しています。 そのほか、自閉症やADHDの子育てで気づいたことの情報発信もしています。 よろしくお願いします。

-自閉症の育児方法