自閉症の育児方法

人生を変える一番早い方法は【軌道】を変えること

ぴょん
こんにちは、ぴょんです。

 

人生とは、常に幸せになるためのものであると、私ぴょんは考えています。

 

それは、人として生まれた以上、誰にでもあてはまる権利です。

誰でも幸せになっていいのですね。

 

ですから、一時的に「あなたから見える風景」が、幸せに見えなくても。

 

幸せになれないこととは一切関係がありません。

 

「あなたから見える風景」が幸せに見えないは、例えば以下のようなことです。

 

  • 障害の子どもだから、この子・あるいは自分は幸せになれない(という風景)

 

 

風景と書かれていますが、これは背景という表現でも構いません。

つまり、あなたという存在の背景に当たる部分です。

 

「環境・人生・身の回り」と訳してもらってもいいのですが、端的にいいますと

 

現実です。

 

背景である現実は、しょせんは背景。

 

あなたを取り巻いている背景を変えるのは容易ではないでしょう。

 

その背景の中には、同じくらいのコントラストで「人(他者)」がいるはず。

あなたの見ている「背景」に、子供や大切な人も入っていることが多いですね。

 

そのため、あなたの背景の設定が「不幸な背景」であると、そこに存在している「子ども」まで不幸という設定をしてしまうことがあります。

 

 

しかし、しっかりと見開いて見ていただきたい。

 

その背景は「あなたが見ているもの」であって、相手(他者)にも同様に「背景が設定されていてその中に存在している」のです。

 

これは、あなた自身の色眼鏡をはずすために説明しています。

 

 

現実と表現すると人は「自分」を切り離しにくい人もいるので背景といっているのです。

 

  • 現実(空間👉あなた)
  • 背景(あなた👉空間)

 

あなたが先にあるということ、あなた自身が背景を作っているのです。

 

自分の感じていることや認知=現実と認識してしまうと

背景は変わることはおろか。

 

自分の軌道すら、認識はできないでしょう。

 

だから、自分を「映像化」するのです。

 

3D+時間軸の4次元構造(=3次元)にあなたはいますよね?

 

 

その3次元をわざわざ、2次元に置き換えてみてください。

 

あなたは3次元の存在ですから、2次元を上から眺める(メタ認知)ことができるようになります。

 

下位から上位に介入はできませんが、反対は成り立つのです。

 

ですから、自分の人生に迷ったら「映像化」です。

 

よかったら試してみてくださいね。

 

この記事は「障害を持つ子どもを不幸に思う」方向けに書いています。

 

軌道を変えるためには、その軌道に乗っていること、周りを客観視できないと無理なのでステップ1として書きました。

続きは次回。

 

 

 

 

ランキング参加していますヽ(^。^)ノ

  • この記事を書いた人

ぴょん

はじめまして。ぴょんです。 中2自閉症男の子の母親。 支援や療育の記事だけを別のブログに引っ越しました。 サイトはこちら 発達障害の療育の勉強をしながら、自閉症の親として成長していく体験レビュー型ブログを目指しています。 そのほか、自閉症やADHDの子育てで気づいたことの情報発信もしています。 よろしくお願いします。

-自閉症の育児方法