【発達障害の育児】褒める育児にはコツがあります

スポンサーリンク
怒らない子育て
スポンサーリンク
Pocket

 

ぴょん太郎
ぴょん太郎

こんにちは。

高機能自閉症の男の子を育てているぴょんたろうです。

 

あなたにはこんな悩みがありませんか?

「褒めて育てる育児ってよくきくけれど発達障害のうちの子を
うまく褒めるのって難しいな」
「そもそも怒らせるようなことばっかりするんです、褒めるところなんてないんです」
 
筆者もそうでした。
 
ですが、あるコツを意識するだけで「怒るから褒める」にちょっとずつ変えていくことができました。
 
今回の記事では実体験からそのコツを公開していきます。
ぜひ参考にしてみてください。
 
スポンサーリンク

【発達障害の育児】褒める育児にはコツがあります

コツ①褒める基準を下げる

これが一番大きいです。

褒める基準値が高すぎるということです。

(例)おもちゃのかたづけ
①大きい箱を用意してあげる
②「分けずに箱に入れるだけ」(←ここで褒める)

 

これだと「箱に入れただけ」なので、正確には床のものが箱に移動しただけです。

私たち親の理想のかたづけは、やはり元の定位置にものをしまうことだったりします。

ですが、片付けができないで子供をよく叱ってしまっているとしたら、これらくらい基準値を下げてしまっていいと思います。

まず大事なのは「怒るパターン」を「ほめるパターンにもっていく」ことです。

大事なのでもう一度いいます。

お子さんが怒られるパターンから「褒められるパターン」にもっていくことです。

驚いた人
驚いた人

パターンを崩すということだね。

まずは「小さなことから褒める」です。

床はこのやり方でも綺麗になります。

発達障害の子供も頑張って褒められたら気分がいいです。

昔、それをやってみたとき、筆者の子どもも「床が綺麗になった」「片付けって気持ちいい」と喜んでいました。

はじめは子供一人じゃなくて、お母さんと一緒にやってもOkです。

とにかく「ほめる基準をさげる」てパターンを崩しましょう。

コツ②子供の好きなことを探そう

うまく褒めるためには、褒めたことを子供が喜んでいないといけません。

なぜならば

褒める目的は「望ましい行動を増やすことだからです。

どうしても私たち子供を育ている親というのは、親が嬉しいこと=褒めるという図式が成り立ってしまいがちです。

親を喜ばせることをしたから褒めるのではないのです。

逆です。

子供基準で褒めるのです。

褒められて発達障害の子供が「嬉しく思うか・喜ぶか」がとても大事です。

みなさんも考えてみてください。

自分が当たり前にできることを褒められてもうれしくはないかと思います。

反対に自分がちょっと頑張ったことを褒められたり認められると、結果がどうであれ嬉しいです。

すると意欲が出るものです。

子どもの普段できること・できないことのレベルを把握して「いつもよりも頑張っているとき」褒めるのです。

母親が嬉しいから褒めるのではないんです。

見ていると、私の子供がお世話になっている療育の先生は、やはりそういうところがとても上手いのです。

K先生
K先生

まずは本人が喜ぶ・好きな活動を探しましょう。

さらに発達障害の子どもは、K先生曰く「言語称賛(言葉で褒めること)」が効果的でないことも多いようです。

感覚過敏がある子供に「頭をなでても」子供にとって嫌なできごとになっている可能性があるなどもあります。

そこで子どもが「好きなものをリストアップしておく」ことがおすすめです。

 

・どんな「活動が好きか」
・どんな「かかわり方が好きか」(高い高いやくすぐるなど)
・どんな「モノが好きか」
 
「よくできました」と言われても、嬉しくない子供もいます。
オススメのは(嫌がらない)スキンシップです。
 
筆者の子どもは「抱っこして飛行機ブーン」が好きでした。
言葉で褒める代わりに「ハイタッチや握手・抱っこ・くすぐり」などを取り入れるといい感じだと思います。
 
ご褒美を子供自身に選択してもらうというのも効果的だと思います。

コツ③スモールステップですすめる

褒める育児はスモールステップで進めましょう。

トイレトレーニングもそうなのですが、まずは「代わり」でできるようにします。

①子供の現状「できること」を探す
②現状で持っているスキルで課題を作る
③難易度をあげる(もしくはフェーディング)

 

例えば、着替えの例でいえば、まずは大人も一緒に手伝ってあげたりします。

着替えをするには「引っ張ること」「穴に手や足を通す」動作などが必要です。

もし、現状で「引っ張ること」を子供ができるとします。

その場合、まず大人が靴下を半分はかせてあげます。

そして最後に自分で引っ張ってもらいます。(ここで褒めます。)

「自分ではけた」というところで「靴下はけたね」と褒めたりするなどです。

子供が「できる段階」からスタートするのがコツです。

コツ④ステップはしばらく維持しよう

ステップは、しばらく維持します。

なぜかというと子どもによっても違いますが、はじめてできたものが定着するまでには

時間がかかるからです。

なわとびの「二重とび」や鉄棒の空中逆上がりが一度成功したからといって、次の技にチャレンジするのは早すぎます。

その技(スキル)がしっかりと身について「簡単にできるように定着させるまで」何回か繰り返す必要があるからです。

 

10回で次のステップに行く子どもいれば、ちょっと後戻りしたりできない日がある子もいるかもしれません。

大事なのは、母親自身ができなかった日に落ち込んだりしないことだと思います。

縄跳びや鉄棒を考えれば、できない日があったからといって落ち込む必要はないはずです。

子供の段階を見極めてゆっくりとステップをあげてみてください。

プラスα「褒めるときは大げさに」

プラスαですが、もし言葉で褒めるときは表情やリアクションを少しオーバー気味にするのがオススメです。

そうでないと発達障害の子どもは表情や声のトーンで褒めらていることがわかりにくいことがあるからです。

驚いた人
驚いた人

なるほど。じゃあ私は無表情だからわかりにくいとうことか。

スポンサーリンク

まとめ

褒める育児がいいと頭でわかっていてもなかなか実践するのは難しいと思います。

まずは「褒める基準をおもいっきい下げて」叱るというパターンを褒めるに転換することかを意識するといいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
 

Pocket

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました