氷山モデルで自閉症の問題行動をアセスメントする【練習】

スポンサーリンク
TEACCH・構造化
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、よんたろうです。
ぴが抜けてしまいました。
ぴょんたろうです。

 

皆さんは、氷山モデルというのを知っていますか?

心理学では潜在意識と顕在意識の比率をあらわすときに使います。

 

見聞きして知ってるという方も多いのではないでしょうか。

 

自閉症の支援では、TEACCHプログラムでの重要な考え方になってくるようです。

おめめどうさんの「氷山シート」を持ってる筆者。

ですが、全然活用していないので、使ってみようと思います。

今回の記事の内容は以下のとおり。👇

・氷山モデルってなにかわかる
・氷山モデルの使いかたがわかる
 
それではよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

氷山モデルとは自閉症の見えない特性を整理するもの

目に見えない自閉症の特性があるかも!に気づける

氷山モデルとは、このようなものです。

 

 

 

 

 

 

自閉症教育・支援コンサルタントの水野敦之さん、著の「フレームワークを活用した自閉症支援」という本によると

目にしている(行動)氷山の一角ではなく(要因)水面下の部分に着目する」という基本の考え方です。
(フレームワークを活用した自閉症支援、エンパワメント研究所、水野敦之、著 P101より引用)

だそうです。

 

 

 

 

✅環境による要因 ⇒環境上の刺激や環境の状態や状況
✅特性による要因 ⇒自閉症や知的障害の特性によるもの
✅本人の気づき ⇒本人が学んだ経験によって起こる行動面への影響
(参考書籍:フレームワークを活用した自閉症支援、エンパワメント研究所、水野敦之、著 P102)
 
 

環境と特性による要因は、相互に影響しあって
行動面に影を与えているよ。

 

 

詳しくは本、あるいは、著者の水野さんのブログをごらんください。👇

自閉症症の人の気になる言動には理由があります(氷山モデルで考える)
氷山モデルは、自閉症の人の様々な行動を水面上の一角に例え、その部分ではなく水面下の要因に着目する視点です。 書籍『フレームワークを活用した自閉症支援』では、その水面下の要因を「本人の特性」と「環境要因」の相互作用としています。

【自閉症】氷山モデルの使い方

自閉症の要因を整理したり、活用できる資源がなにか?整理して支援計画をたてるときに使います。

 

氷山モデルのシートに記入するときには、「自閉症・発達障害特性シート」「自閉症解説の手引き」を参考にするといいようです。


氷山モデルのシートがDLできるようです。
般化シートなど他にもたくさんあるようです。👇

https://bouzan-note.com/ws

(どうしてもブログカードにならないのでテキストです、すみません)

筆者の手元には、おめめどうさんのものがあります。👇


 

 

おめめどうさんで「氷山モデルのシート」(商品名は「どうしてメモ」になります)購入したい方のために、こちもリンクをはっておきますね。

 

どうしてメモ(氷山モデル)
使い方は、二通りあります一つ、原因と結果を知らせるおにぎり(笑)の上の部分に「結果」を書きます。そして、それの「原因」をしたの土台に書きます外にはでません家で遊びます*****************…
スポンサーリンク

氷山モデルを自閉症の支援に使ってみる【実践&練習】

自閉症の特性の一覧表がいる・・・

よし!問題行動の原因をアセスメントするぞ!

となったのはいいのですが・・・

特性の種類を知っていないと、氷山モデルの水面下の自閉症の特性を思いつくことができません・・・。

ですので、参考にするときは本か著者の公式サイトをごらいただくといいかもしれません。

水野敦之氏公式サイト「BOUZAN NOTE!」様からダウンロードできました。

筆者は、本があるのでそちらを見て練習していきたいと思います。

【自閉症】とりあえず氷山の上側に今困っている行動を書いてみた【練習】

最近、困っていることはあまりないのですが、、、

一応、書いてみました。

フルーツポンチ逆さまにするとどうなる?

・・・というネタではなくて

フルーツポンチの「ポンチ」のほかの
並び方をいって!

というものです。

これが、自閉症の特性で何に当はまるのか?考えればいいのですね。

 

 

筆者は、一応考えてみました。

とにかくなんとなく思いつきそうなものをあげてから、消去法で消していきました。

 

誤学習による強化か、あるいは「真似」も考えてみたのですが、真似は自閉症の特性ではないので除外しました。

わからないのですが、この氷山モデルは要因を整理したり気づくためのものなのですかね。

とりあえず、恥ずかしがらなければいいわけです。
(たぶん)

このちくわ・・・

 

きゃーっ。そんなこと絶対に言わないからね!!

絶対に言わないからね!!

と言っている時点でもう負けている気がします。

 

ああああ、好きになっちゃだめ!好きになっちゃだめ

・・・ということが、もう好きなわけです。

よく、仕事中によからぬことを考えてしまったとき。

はっ。いかんいかん。

なども、同じことです。

無。

反応している時点で「無反応」ではないのですが、氷山モデルは色々なことに気づかせてくれました。

皆さんも、お子さんの行動の分析(?)に困ったら、つかってみてください。

スポンサーリンク

まとめ

練習の材料がいまいちでしたが、使い方は慣れだと思います。

問題行動や困っているときに、このように考えてみよう!と意識してやってみることは、視点を変えるためにもいいことだと思います。

 

これからも、慣れるまではせっかく数年前から家に存在しているので、使ってみようと思います。

そのへんの紙に書くだけでもいいので、ラクだと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

皆さまの参考になれば幸いです。

 

(^^♪

 



Pocket

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました