自閉症の育児で困ることは移動だと思う【ベスト3】

スポンサーリンク
親の悩みコラム
スポンサーリンク
Pocket

 

こんにちは。

高機能自閉症の男の子を育てているぴょんたろうです。

 

自閉症の子育てをしていてちょっぴり辛いのは、以下だと思います。

 

・「わかってもらえない感」
・それに伴う「孤独感」
*オマケ (子供と通じ合う感覚がないさみしさ)
 
筆者は、もともと「人と人はわかりあえなくて当たり前」。
(できたらテレパシーですよね。)
 
 
「話さなくてもわかるでしょ」「察してよ」というのは無理だと思っている派です。
 
 
無理という前提がある。
 
だからこそ、言葉でちゃんと気持ちを伝えあったり、相手を理解しようとする努力を放棄しないで維持することができるのだと思います。
 
 

ですので、親の辛いことも「周囲がわかってくれない」というのではなく、このようにブログという媒体を通してガシガシ発信して知ってもらう必要があります。

 

私たち自閉症の親の苦労は、育てた人にはわかります。

 

ですが、自閉症を育てたことのない人はわからないので「えっそんなことで?」となるはずです。

だから題名は(知らない人むけに)「えっそんなことで」にしました。

 

そんなことで大変になるのが私たち自閉症の親なのです。

 

 

では、よろしくお願いします。

(ランキングは筆者の独断と偏見です。ご了承ください。)

 

スポンサーリンク

自閉症の育児で困ることは移動だと思う【ベスト3】

自閉症の育児で困ること【1位】移動

1位は自閉症の子供とともに移動することです。

これが地味に一番わかってもらえない自閉症の子育てで困っていることだと思います。

 

移動とは

ある場所から別の場所にいくこと 

です。

 

えっ?これのどこがそんなに大変なの?

 

歩けたら誰でもできるよね?何が大変なの?と定型発達のお母さんには思われてしまいがちです。

 

そのために、悪気はないママ友は「今度〇〇ちゃんと家族でデイズに―ランド行こうよ」

親戚からは「〇〇の結婚式や会食に〇〇ちゃん(くん)も連れてきておくれ。顔が見たい」と言われてしまうのです。(ありがた迷惑。)

 

 

ですが、そんなに行きたいところに気軽に移動できるほど自閉症の子供は親の予定にすんなりと従ってくれるわけではありません。

 

わたしたち自閉症の親が子供を移動させるためにしていることは以下です。👇

・体をつかんで無理やりひきずっていく。
・時には顔面にパンチを食らい
お腹を蹴り飛ばされながらもフルボッコにされつつ
 物理的に力ずくで移動させる。
・寝そべっていたらひきずる。
 
 
毎日ひきずってばかりです。
 
 
 
それもこれも、自閉症のこだわりの強さなどのためです。
 
 
普通に「〇〇に行くよ~」という声掛けくらいでは、自閉症はその場所からしていることを切り替えて次の場所にいってくれません。
 
 
 
 
それは家庭内でも起きます。
 
 
次はお風呂の時間だからお風呂場に行ってほしいと思っても、していることのこだわりや切り替えのせいでなかなか移動できません。
 
 
 
それ(移動)をするために、親はかなりの「気力・体力・時間」エネルギーを割かなければいけないのです。
 
とても困ってしまいますよね。(苦笑)
 
 
 
 

お金で解決だ!10万払うから、貸し切りでファミレス貸してくれ。

(それだと家で食べるのと変わらないのでは?)

 

家族が日常的に送るであろうお出かけ(外出)の楽しさもなかなか自閉症の育児において親は味わうことはできません。

 

 

 

外出が好きなタイプの方は辛いところです。

 
自閉症の育児では「移動すること」が気軽じゃない。気重である。
スポンサーリンク


自閉症の子供が歩かない時は?

 
考える人
考える人
ではどうすればいいの?
 
 
⇒【問題行動】自閉症の移動をスムーズにさせる方法【支援】の記事はこちら
 (作成予定です。)

【2位】こだわりやパニックを叱れないこと(特に外)

 

叱れないんです。

 

だめなものはだめ!人に迷惑をかけたら親はきちんと叱るべき!

 

という社会の同調圧力はわかります。

その通りですよね。

 

そのことは私たち自閉症の親だってわかっています。

 

なぜわかっているのに「叱らないのか?」「やめさせない(他害や危険行為は除く)」で見守っているのか?というと理由は以下です。

 

 余計に暴れたり怒りだしたりした結果、さらに事態がひどくなり周りに迷惑がかかる

 

・・・かもしれない可能性があるからです。

 

こらっ!!やめなさい!!(怒)

とビシッと声をかけて叱ってやめれるようだったら障害じゃないです。

 

それをわかっている私たち自閉症の親は「子供のパニックにびくびくしている」のです。

 

わかっているんです。

そしてそれを怒られないかどうか、周りに迷惑をかけながら肩身の狭い思いや場違い感を感じながらも、世間の目にもおびえながら必死に暮らしている方もたくさんいらっしゃるのですね。

 

 

もちろん、わかっていない親もいます。

 

 

でもやはり「障害をきちんと受け止めている親」(それでもどうにもできない時もある。)と「障害なんだから!と障害を楯にして好き勝手させる親」を一緒にはしないで欲しいときも(筆者は)ありますね。

 

障害の親といっても様々です。

 

 

自閉症の親への冷たい世間の声をまとめました。👇

 ・発達障害の子供の親も親だよね!!
・空気読まないで子供放置だよ!!うちの子だったらゲンコツ食らわせて
 ビシッと躾けるわ!(笑)(笑)
ほんと甘いよね~!!だからあんな風に子供がなるんだよ!!
 
なるんだようようようよう・・・!!(エコーです。)
 
 
 

すみませんすみませんーーー!!
私たち自閉症の親子は迷惑だからどっかいけ!!ってことですね―――!!うわわあああああん。

(そこまでは言っていない。脳内変換です。)

 
 
 
 
 
私たちの居場所はいったいどこにあるのでしょう?
 
 
 
 
誰もいない公園で見えるのは、わが子の手のひらからサラサラと零れ落ちる砂です。
そして私はそれをじっとみています。
 
 
子供の手のひらの隙間から流れおちる砂は、私の涙のようにいつまでも落ちていくのでした。
(完)
 
 
 
 
叱らないんじゃない、叱れないんです。
 

叱らないっていっても・・・どうすればいいの?

 
 

【3位】多動・パニックで家から脱走すること

 

3位は多動で脱走です。

筆者の子供は多動の傾向が強くて、待つことが苦手でした。

 

筆者がお出かけの支度をしている間に、玄関の鍵を開けて1人で道路に飛び出してしまっていました。

幼稚園前くらいの時期はこれが一番困っていたかもしれません。

 

もしかしたら、子供の危険を防止するために柱にくくりつけたり拘束しなければならないという方法しかとることができないという親もいるかもしれません。

 

虐待みたいですが、そうでもしなければ子供の命の危険があるという世界なのです。

 

親は常に勝手に脱走する子供を見張って、連れ帰ったり、時には行方不明になった子供を探しにいくということも起きるのです。

 

拘束するといっても、ものすごい声で泣きわめいたりパニックで自分の頭をたたいたりすることもありえます。

 

親はずっと目が離せず、何もできない状態に陥ってしまい子供に振り回される時期が続きます。

 

「手をつないで大人しくお母さんと一緒に歩く」という一見普通の親子がしていそうなこともできません。

 

とても簡単そうで当たり前のことなので、「手をつないで歩くこと」がこんなにも難しく大変なことだと自閉症を育てていない子供の親は知りません。

 

手をつないでいても、すぐに振りほどいて、すごい速さで道路にとびだしていったり、興味のある場所にいったり、コンビニのバックヤードや他所の家の敷地に入ろうとしてしまいます。

 

迷子・危険・親が一瞬でも目を離せないというところで親は疲弊してしまいますね。

 

 

どこに逃走するのかわからない子供を見張っているのは大変!!

 

⇒どうすればいいの?

対策記事は現在作成中!!(しばらくお待ちください。)

スポンサーリンク

自閉症の育児で困ることは移動だと思う【ベスト3】まとめ

親子で移動したり、手をつないで歩いたり、だめな時に叱ったり。

 

定型発達の親ならば簡単にできるであろうことがとても難しくてできないのです。

「そんな当たり前なことすらできてないの?」(笑)と知らない人は笑うでしょうし、時には「もっとこうしなよ、ああしなよ」という子育て持論を展開してくるママ友さんもいるかもしれません。

 

ですが、それは定型発達の子供を持つあなただからできるんでしょうと言いたくなります。

 

自傷や他害が一番大変かなと思ったのですが、今回の記事では「ぱっとみただけではわからない(見えない)自閉症の育児の大変さトップ3」です。

 

自傷や他害行為は、誰の目にも大変なのは見えるのでわかります。

ですのであえて割愛して、わかりにくい大変さ「えっ?そんなことで?!」ということを全面に押し出しました。

 

自傷や他害は「えっ?そんなことが大変なの?!」よりは「えっ?それは大変だよね」です。

 

見えない障害ということですので、わかりにくい大変さを3つご紹介しました。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

Pocket

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました