【大人】私って発達障害かもしれないと思ったら【体験談】

スポンサーリンク
発達障害の診断
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、高機能自閉症の息子を育てているぴょんたろうです。

突然ですが、こんな悩みはありませんか?

 

考える人
考える人
 

ああ、私は発達障害の特徴に当てはまっている気がする・・・

筆者はありませんがあります。

 

正確にいうと、「自分がそうかもしれない」と悩んだわけではないのですが、結果的に「アスペルガーかもしれない」と医師に言われて「えっ自分ってそうなのかな」と悩んだ時期(3か月くらい)はあります。

なぜ、そうなったかというとパニック障害で大学病院にいって心理テストをした結果、知ったからです。

驚いた人
驚いた人

うっそー。1ミリも思ったことなかった!!

周囲との違和感で悩んだこともなければ、自分てどうしてできないんだろう、と悩んだこともありません。

前置きが長くてすみませんが、これだけは書きたいです。

大丈夫なんです。

 

なぜかというと、医師が変わったら診断が変わったからです。 

そして、他の療育センターで医師からは「ああ、お母さんはアスペルガーだね」と言われたり、ある人からは「アスペルガー症候群の人はそんなこと考えないよ(自覚できない)」と言われたり・・・。

 

つまり、何がいいたいかというと

驚いた人
驚いた人

人によって、そうだったりそうじゃなかったりする!

とういことです。

 

そのうち思ったことがあります。

何かと言うと、「診断がついていようがついていなかろうが自分は自分だなあ」ということです。

診断がついていても、ついていなくても今の筆者にはもはやどうでもいです。

もちろんいい意味です。

 

診断で私のなにが変わるのでしょうか?

診断名がついたら何か私の脳の中で突然変異でも起きて何かが変わるっていうのか。逆に診断名がはずれたら脳の中で突然変異でも起きて何かが変わるっていうのか。

 

そんなことはありません。

何も変わらないのです。

自分はこんな人間。
自分はこれは得意。これは苦手。
 
もうこれだけのことです。
 
自分はどういうことで怒りを感じるのか。
自分はどういうことで喜びを感じるのか。
自分はどう在りたいのか。(生き方)
 
これらを自分自身がよく知っていれば、外部からの「コロコロ変わる基準」に転がされることはありません。
 
一応、おまけとして「発達障害かも」と思った方はどうしたらいいのか実体験を公開しますので参考にしてみてください。
スポンサーリンク

【大人の発達障害】私って発達障害かもと思ったらどうすればいい?【体験談】

行くところは精神神経科(精神科)です

心療内科ではちょっと弱いかと思います。

筆者が通っていたのは大学病院です。

精神神経科ですね。

名前は病院によって「精神科」かもしれません。

どんな検査をするの?

筆者は以下でした。

「ウェクスラー成人知能検査」
「ロールシャッハテスト」
「SCT 精研式 文章完成法テスト」
テストの内容を書いてしまうと、事前に予習できてしまい正確に測ることができません。
 
いきなり、ぶっつけ本番で出た値がそのままの値になります。
ただ、ロールシャッハはインクの染みのようなテストですので、若干の気持ち悪さはあります。
 
気味の悪いただのインクはインクでしかないと思いますが、何に見えるか?など自由に答えたりします。
 

結果、指摘されたのは・・・

以下のとおりです。

・ロールシャッハでの全体反応数が少ない
(部分反応>全体反応)
・ウェクスラーの絵画完成の点数が低い
 
アスペルガーの方(発達障害)では全体よりも部分に注目するというのがあるのは知っています。
 
心理士さんに「ディスクレパンシーが大きいですね」と言われたかと思います。
言語性IQ>動作性IQ
 
私はこんな感じでした。
 
どうやら、動作性IQとは「目で見た視覚情報を動作に結びつけること」だそうです。
 
作業がのろいとかです。
 
筆者に誰も興味ないとは思いますが、私は考えたり分析することやブログなどは息を吸うようにできます。
 
でも「きびきび動け!」と言われるとたぶんとてものろいです。
動きがおっとりしている(?)うえに、よく転んだりもします。
 
考える人
考える人

だからうさぎみたいに俊敏になりたい願望があるのか・・・

理想は「颯爽と歩く」(`・ω・´)キリッなのですが、みなさんの動き(周りの動き)がとても早く過ぎているような感じがするので、歩くときは時々、ちょこちょこ歩きになってしまいます。
 
なぜ、みんなあんなに動作が早いのか不思議です。
 
考える人
考える人

ぼーっとしているけど頭の中はフル回転している・・・

今、思ったのですがメモリが足りなくて重くなって動かないパソコンのような感覚に似ています。

 
でも、外部メモリがあるじゃないかって話です。
 
行動や考えたことをどんどん外部メモリ(メモや紙)に書いておけばいいわけです。
 

つまり自分の弱点を知るためという感じで検査を受けてみるのもいいかも

結果的に、動作性が低いと出ているのですから「目で判断してやる仕事」はむいてないということになります。

・コンビニの店員
・ウェイトレス
・受付など
 
要するに、臨機応変にその場の状況を「目で見て判断」するのは弱いということです。
(´Д⊂ヽ
 
スポンサーリンク

まとめ

筆者は結局のところ、アスペルガーだねと言われたり、違うといわれるので「もうどっちでもいいや」といった感じです。

前述したように自分が変わるわけじゃないからです。

参考になったかわかりませんが・・・最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 
Pocket

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました