【発達障害】育てにくさのある子供の育児方法

スポンサーリンク
怒らない子育て
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは。

高機能自閉症の息子を育てているぴょん太郎です。

自閉症の育児は「どこが悪いのか」という視点で見ていると、ずっとマイナスループにはまってしまいます。

どうしても育児がうまくいかないと悩んでいる親は多いと思います。

以前は私もそうでした。

ですが、今は安定して子育てができています。

今回の記事を読んで得られるメリットは3点です。

・発達障害の子育てが楽になる
・子供の強みに目をむけられる
・子供のできることから何ならばできるのか?わかるようになる
 
この3点です。
 
発達障害の育児、正直つらい、楽しくない!と思っている方はこのループだと思います。
 
「発達障害の子育てが辛い→できないところばっかり目がいく→できないことしか見えないので子供の持つスキル見えない→できることが見つからない→子育てが辛い(①にもどる)
 
このループを打ち破るためには親であるあなたの思考法を変える必要があります。
 
スポンサーリンク

自閉症の弱みではなく強みを見る

親自身の発想の転換をする

親は発想の転換をする必要があります。

私は自閉症の子どもを11年間育ててきました。

勉強歴は9年くらいです。

でもまだまだ圧倒的に足りないと思っています。

ですが「知識や経験が足りない自分」なりに、持っている知識や経験の中で「100%の力で記事を書いています。」

ですが、私よりも知識も経験もある人ならば、私よりも圧倒的に魅力的な記事が書けます。

ですが私は記事を書き続けます。

なぜならば「現時点で持っている知識の中でできること」をしているからです。

自閉症の子供も同じだと思うのです。

できるための知識もスキルもないのにできるわけないからです。

じゃあ、できることだけしてればいいやってこと?

そう思われるかもしれません。

ですが、そうではなくて「何ならできているのか?」に目を向けていく感じです。

「何ならできるのか?」「何はできないのか?(無理そう)」という視点を親であるあなたに持ってほしいのです。

偉そうにスミマセン。

ですが、私自身が子供のできないところに目をむけてばかりのとき、育児が楽しくありませんでした。

正直いうと勉強すればするほど「発達障害の育児とか無理ゲーじゃん」とすら思っていました。

自閉症の弱みばかりしか見つからないという親に共通しているのは、結果や成果で判断しているということです。

発達障害の子供でもできることはあるのです。

まずは「何ならできるのか?(強み)」に目をむけようと意識してみる必要があると思います。

スポンサーリンク

親の勉強のすすめ

子供の行動には意味があることを知る

人は自分が理解できない、理解しがたいものは「相手がバカなんだ」「相手が間違っている」と思ってしまう思考の癖があります。

発達障害の子供は、周りから見ると意味不明な行動をとっているように見えることがあります。

でも、本人にとっては意味がある行動だったりします。

他人の意図がわからない行動を私たちは「理解するのをあきらめる」ことがあり「あいつ何してるんだ、理解できない」と思ったりします。

これは自分の理解できない・知識や複雑なことを推測することを相手のせいにしているということなのです。

意味のわからないことに人は怒りを覚える

実際、私は自閉症の勉強をし始めてから、子供の問題行動に「イライラしたり悲しくなって辛い気持ちになる」ことが減りました。

理解できると、怒りが収まることが科学的にも明らかになっています。

ぴょん太郎
ぴょん太郎

子供の行動がなぜ起きるのか?わかれば怒りも減るんだね

この記事を読んでいるあなたも心あたりがあるかもしれませんが、「なあんだ、そういう事情だったんだ、先にいってよね」と意味がわかったとたんに、怒りがすーっとひいていったことはありませんか。

自閉症の育児を少しでも楽にしたいのであれば

「自閉症の子供がなぜそんな行動するのか?」理解するといいということだと思います。

もし、子供の行動の理由や意図がわからなかったらどうなるかというと下記になりま
す。

・「なんでこの子こんなことするの?!意味わかんない!この子おかしい!
(間違っている)

意味がわからないことをする相手=「おかしい(間違っている!)」と感じるように人の脳はなっています。

ですが、これが「相手の行動の理由や意図がわかった」場合はどうなるでしょうか。

・「この子は〇〇が△△だったから〇〇だったんだね。(意味がわかる!この子
  の行動はおかしくはない)

この時点で子供への「何なのよ?!意味わからない!!この子おかしいだわ」という理解できない怒りは消えていきます。

人の怒りは「わからない!!」というSOSによって起きてくるからです。

対処できないと思うと人の脳は怒りを覚えるようにできているのです。

(参考書籍:怒らないコツ、かんき出版/脳の学校代表・医学博士/加藤俊徳)

反対にいうと、自閉症の勉強をして「なぜそうなってしまうのか?」わかればあなたの育児の「ワカラナイ系の怒り」は楽になる可能性があるのです。

→→→【レビュー】自閉症の育児方法がワカラナイを解決する本【オススメ5冊】

(作成中です)

子どもがなぜその行動をとるのか?勉強することでイライラが減る
スポンサーリンク

自閉症の子供の現在持っているスキルを考える

今現在できることは何か?

子供が今時点で「できること(スキル)」だけを考えるといいと思います。

なぜならば「できることを使ってどうすればできるようになるか?」考えることができるからです。

・子供のできるスキルをどう活用するか考える
・できないところは「手助け」をする
例えば言語の理解が苦手でも、「色はわかる」という子がいたとします。
 
そのときに、色がわかるというスキルを使ってどうやったらできるのか?考えるのです。
 
具体例
「目的」ピアノをひけるようになる
「できるスキル」色がわかる
「支援方法」ド=「赤」レ=「緑」ミ=「黄色」ファ=・・のシールを鍵盤にはる
 
例えば「チューリップ」のド音階は「どれみどれみ そみれどれみれ」です。
 
これを「赤・緑・黄色・赤・緑・黄色・・・」と順番に鍵盤に置き換えた色を押していけば、その子供は「ちょうちょがピアノで弾けるようになる」のです。
 
 
 
 
自閉症の支援ではその子供ができるようなスキルであれば、特に決まったことはなくて、色々と工夫して「できることを増やす」ことが大事だと思います。
 
できること・わかることを活用できないか考える
 

子供の好きなことや興味のあることを把握する

子供の好きなことや興味のあることを知っておくのはとても大事です。

なぜならば、人は、子供でも大人でも動機になるのはやっぱり「好きなことや興味のあること」だったりするからです。

好きなことを使ったときに今後、行動を強化させる機能を果たすものを「好子」あるいは「強化子」と呼びます。

これを使って発達障害の子どもの行動を改善したり(行動変容)する方法をABA(応用行動分析学)といいます。

私の子供もABAを地道にやることによって、家で要求を押し通すために家を荒らすという行動が改善されて「ABAすごい」となりました。

興味のある方はABAを発達障害の育児に取り入れてみてはいかがでしょうか。

「難しくて無理」という方は、この記事に書いてありますように「子供の好きなことを把握する」ところからスタートするのをお勧めします。

子供は何に興味や関心があるのか把握する

好きなことを把握したあとの活用法についての記事はこちら

→→→【自己肯定感】好子を使って子供にお手伝いをしてもらおう【ABA】

(作成中です。)

スポンサーリンク

まとめ

自閉症の診断がついて子どもの障害について調べるとあるとき「こんなにできないことがあるんだ」「しかも治らない・・・」と絶望します。
 
私は今まで自閉症の子育てで控えめに言っても100回は絶望しています。
まだ1回や2回の方は絶望する回数が圧倒的に足りないと思います。
 
子育てや療育の効果はすぐには出ません。
ですから少し勉強して少し試してみて「なんだABA効果ないじゃん」「褒めてもむだじゃん」と絶望や挫折してはもったいないのです。
 
成果が出るまでには、挫折や絶望はもっとあると思うくらいでちょうどよいと思います。
 
結局、絶望や挫折は乗り越えなきゃいけないものだからです。
それならばたくさん絶望して挫折する回数をこなせばこなすほど、人生に向き合ってチャレンジしているという証拠でもあると思います。
 
絶望は現実が見えはじめた時に起きます。
 
現実逃避しているよりもよっぽど、絶望や挫折は「子供の人生にむきあっている証拠」ともいえると思います。
 
絶望している人は、自分に誇りを持って絶望してください。
あきらめの中からしか現実は見えてきません。
 
Pocket

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました